鍼灸師になるために専門学校で勉強しよう【国家資格の取得が必要】

進学先の種類とは

勉強

学校によっても違いはある

放射線技師とは、医師の指示管理の元、放射線を扱い検査や治療などを行う専門家のことです。放射線は知っての通り扱いに注意が必要なものです。近年は医師の専門化が進んできたため、放射線に関する検査や治療は放射線技師が請け負うことが一般的です。放射線技師になるには、専門の養成学校で最低三年以上学び、その後国家試験を受ける必要があります。養成学校は大学、短大、専門学校の三種類があり、全日制と定時制に分かれます。大学の多くは四年制であり、より幅広く基礎的な学問を学ぶことができるというメリットがあります。専門学校や短大の多くは三年制ですが、定時制だと四年制となります。早く社会に出られ、学費が安いことがメリットです。放射線技師養成課程がある大学は全国でもそこまで多くありません。短大もごく少数です。専門学校は比較的多くあります。学費や自分の住んでいるところから通えるかなども学校選びのポイントとなってきます。また、放射線技師となるには、知識の習得以外にも実習がかなり多くあります。そのため、定時制であっても、実習のときは仕事などの私生活を工面する必要があります。全日制の大学などならばそこまで気にしなくてもよいですが、入学前に考慮すべき点であることは間違いありません。大学卒と短大、専門学校卒で待遇の違いはあまりありません。大学卒の方が多少初任給などはよい傾向がありますが、いずれにせよ資格職なので差は縮まってきます。それよりもどのように通いたいかや働きたいかが大切です。

Copyright© 2017 鍼灸師になるために専門学校で勉強しよう【国家資格の取得が必要】 All Rights Reserved.